検索

現代アートを学ぶ①コマーシャルギャラリーとは?

更新日:8月20日


こんにちは、担当Sです。


ブログを毎日書き続けるのってなかなか難しいものですね。

というのも私自身、今までアートに関心を持つことがなかったため何を書いていいのかさっぱりなのです。


東北唯一のコマーシャルギャラリーを名乗っているのにそれではいけない!ということで、現代アートについて勉強しつつ、ブログを書いてみることにします。


今回はそもそも「コマーシャルギャラリー」って何?というお話です。


山形県はアートに疎い?


Y&Galleryがある山形県は県立の美術館がないということで、(山形美術館は県立ではないそうなんです、Wikipediaによると民間主体と記載がありますね。)あまりアートに触れる機会がない県とも言えます。


私と同じようにコマーシャルギャラリーとは何ぞや?と思っている方も多いと思いますので、簡単に調べたことをまとめてみます。



コマーシャルギャラリーとは?


コマーシャルギャラリーは別名「企画画廊」ともいうそうです。

つまりギャラリーが企画した展示のみを行うギャラリーのことなんですね。


展示というと見るだけ?のように思う方もいるかもしれませんが(私はそう思っていました・・・汗)企画・構成をして「販売」も行う場所になるんです。

ギャラリーは現代アートを買える場所でもあるんですね。


新たなアーティストを発見し、育て、社会と繋がる場所を設ける(=商業的に自立させること)がコマーシャルギャラリーの重要な役割になってくるんだとか・・・


少し堅苦しい感じがしますが、アーティストにとってギャラリーがあることはとても重要なんですね。


こんな風に書いてしまうと「入ったからには購入しなければいけないのでは?」というプレッシャーから「ギャラリーって敷居が高い・・・難しそう・・・」と感じる人もいるかと思いますが、担当もアート初心者ですので、Y&Galleryにはぜひお気軽にお越しくださいね。

ふらっと入って現代アートを鑑賞できる場所があるってとてもいいなぁと思います。


米沢でアートに触れる


そんなY&Galleryですが、8月21日から行われるミナミハラアートウォーク開催にあわせましてレギュラーエキシビション、山口英夫個展を開催予定です。


ミナミハラアートウォークはY&Galleryから車で10分ほどの旧米沢市立南原中学校及び南原地区にて開催ということですので、米沢市内で二か所もアートを楽しめますね!


初心者からするとアートって難しいように思えますが、ぜひこの機会にアートに触れてみてはいかがでしょうか?

山口英夫個展の詳細が決まりましたら、本ブログでもお伝えいたします。それではまた。


13回の閲覧0件のコメント